製剤技術とGMPの最先端技術情報

12月6日(木)
IPEC-JAPAN Advanced Seminar
-医薬品添加剤GMP自主基準 2016- 実施のためのガイドブック発刊記念セミナー
添加剤GMPのグローバル化対応とその効果的な利用について

開催概要
 タイトル:-医薬品添加剤GMP自主基準 2016- 実施のためのガイドブック発刊記念セミナー
      添加剤GMPのグローバル化対応とその効果的な利用について
 日時:2018年12月6日(木) 13:00~(受付開始12:30)
 会場:タワーホール船堀 東京都江戸川区船堀4-1-1
    (http://www.towerhall.jp/
 参加費:協会会員 3,000円/一般 5,000円
     ※当日のテキスト代(ガイドブック)を含む
 
申込締切:2018年11月30日(金)
 申し込み・詳細:http://www.jpec.gr.jp/index.html
 主催:日本医薬品添加剤協会 GMP委員会
  

プログラム
 13:00     開会あいさつ

 13:05~13:45 (仮)GMPの省令改正案及び品質リスクマネジメントの概念
         国立医薬品食品衛生研究所 薬品部第3室 室長 坂本知昭

 13:45~14:25 (仮)医薬品添加剤の供給者管理について
         サノフィ(株) グローバル品質監査部門 部長 森 一史

 14:25~14:45  休憩

 14:45~15:15 -実施のためのガイドブック-(2016年版) その利用方法
         医薬品添加剤協会 GMP委員会 委員長 坪内春樹

 15:15~15:55 添加剤GMP管理を向上させるための「ユーザー監査」受け方の提案
         医薬品添加剤協会 GMP委員会 副委員長 沼 しのぶ

 15:55     閉会あいさつ

 ※講演スケジュールは変更される場合がございます。

前のページへ戻る

この記事に関連する商材情報

こちらの記事もご覧ください

TOP