製剤技術とGMPの最先端技術情報

12月7日(金)
製剤と添加剤研究会 第4回シンポジウム

開催概要
 テーマ:小児製剤
 日時:2018年12月7日(金) 13:00~17:30
 会場:武蔵野大学有明キャンパス  1号館 5階 1-509号教室
    東京都江東区有明 3-3-3
    https://www.musashino-u.ac.jp/ariake/
 主催:製剤と添加剤研究会
 協賛:日本薬学会、日本薬剤学会、粉体工学会
 定員:100名
 参加費:無料
 要旨集:3,000円(希望者のみ)
 申し込み・詳細:https://fersojp.org/
 

プログラム
 1)小児製剤の課題と解決に向けての挑戦
   原田 努 氏(昭和大学薬学部)
 2)経皮吸収型製剤の粘着力試験
   宮崎 玉樹 氏(国立医薬品食品衛生研究所)
 3)高機能賦形剤を用いた小児用製剤の可能性
   岡林 智仁 氏(株式会社ダイセル)
 4)小児製剤における3Dプリンター応用の未来
   照喜名 孝之 氏(武蔵野大学薬学部)
 5)連続顆粒化装置CTS-SGRによる微小球形粒子の製造技術
   長門 琢也 氏(株式会社パウレック)

 ※スケジュールは変更される場合がございます。

前のページへ戻る

この記事に関連する商材情報

こちらの記事もご覧ください

TOP