製剤技術とGMPの最先端技術情報

10月25日(木)、26日(金)
第35回 製剤と粒子設計シンポジウム

主催者より
 製剤と粒子設計シンポジウムは、参加者の皆様が製剤に関する最新情報を得て、活発な議論ができることを目的とした研究・技術発表会です。今年度も、例年通り、特別講演、各賞受賞講演、一般講演、奨励賞対象講演、パネルディスカッションと多彩なプログラム構成を予定しています。新しい製剤設計、製品開発を目指して、製剤・素材・機械および関連技術に関する活発な情報交換ができるよう多くの皆様のご参加をお待ちしております。
 

開催概要
 日時:2018年10月25日(木)、26日(金)
 会場:びわ湖大津プリンスホテル
    滋賀県大津市におの浜4-7-7 TEL:077-521-1111
    http://www2.princehotels.co.jp/otsu/access/shuttlebus/timetable/
 主催:粉体工学会・製剤と粒子設計部会
 共催:日本粉体工業技術協会・粒子加工技術分科会
 協賛:日本薬剤学会、化学工学会、日本材料学会、材料技術研究協会、色材協会、
    日本食品科学工学会、高分子学会、日本農薬学会、製剤機械技術学会
 申し込み・参加費等の詳細:
    http://www.ppd-gifu.com/php_common/event.php?cate=02
 申込締切り:2018年10月17日(水) (定員になり次第締切)
 

プログラム
 1日目 | 2018年10月25日(木)
   9:00~  9:05 開会の辞
   9:05~10:40 パネルディスカッション
 10:40~10:45 休憩(5分間)
 10:45~11:50 パネルディスカッション
 11:50~13:10 昼食・パネル討論(80分間)
 13:10~15:00 奨励賞対象講演
 15:00~15:15 休憩(15分間)
 15:15~16:55 奨励賞対象講演
 16:55~17:10 製剤と粒子設計学術賞・技術賞 授賞式
 17:10~18:00 学術賞受賞講演
         "Trends in Continuous Manufacturing of Pharmaceutical Drug Products"
         Prof. Peter Klainebudde
 18:30~21:00 懇親会
 21:00~    談話会

 2日目 | 2018年10月26日(金)
   8:15~10:05 奨励賞対象講演
 10:05~10:15 休憩(10分間)
 10:15~11:25 一般講演
 11:25~11:45 技術賞受賞講演
         『PATを活用した製剤技術装置の開発』
         (パウレック)長門 琢也
 11:45~12:05 学会報告
         中日交流粒子設計・PLCMセミナー報告(大連)
         (直打研究会、静岡県立大・薬、菊水製作所、マキノ製剤技術研究所)槙野 正
 12:05~13:05 昼食(60分間)
 13:05~13:25 解説講演
         生理活性薬物粒子による作業者保護や環境保全を目指した粒子設計・粒子加工
         (HPテクノラボ製剤技術コンサルタント)坂本 浩
 13:25~15:00 一般講演
 15:00~15:15 休憩(15分間)
 15:15~15:20 奨励賞発表
 15:20~16:10 特別講演
         『製剤技術から考える、Patient Journey』
         (第一三共)鈴木 聡
 16:10~16:15 閉会の辞

 ※スケジュールは変更される場合がございます。

前のページへ戻る

この記事に関連する商材情報

こちらの記事もご覧ください

TOP