製剤技術とGMPの最先端技術情報

7月18日(水)、19日(木)
第16回 技術講演会
(新製剤技術とエンジニアリングを考える会)

開催概要
 日程:2018年7月18日(水) 、19日(木)
 会場:国立京都国際会館
    京都府京都市左京区岩倉大鷲町422番地
    (http://www.icckyoto.or.jp/visitor/access/
 参加費:要旨集/交流会費 6,000 円 (講演の参加費は無料)
     学生:要旨集/交流会費 無料
 定員:450名 (定員になり次第締め切り)
 主催:新製剤技術とエンジニアリングを考える会
 共催:株式会社パウレック
 協賛:日本薬学会、日本薬剤学会、日本粉体工業技術協会、粉体工学会、
    日本DDS学会、製剤機械技術学会、ISPE日本本部、日本PDA製薬学会
 詳細・申し込み:新製剤技術とエンジニアリングを考える会
         (http://sinseizai.com/

プログラム
 2018年7月18日(水)
   9:50~10:00 『開会の挨拶』
 10:00~11:00 『持続的な企業価値向上を目指した経営の実践』
         手代木 功
         塩野義製薬株式会社 代表取締役社長
 11:00~11:45 『自己組織型超分子ナノシステムによる難病のスマート診断と標的治療』
         片岡 一則
         公益財団法人川崎市産業振興財団 ナノ医療イノベーションセンター センター長
 11:45~12:45 Lunch Time(60分)
 12:45~13:30 『バイオ産業におけるサムスンの新たな挑戦』
         Eun Young Yang
         Samsung BioLogics, Contract, Compliance & Communication Center
         Senior Director, Head of CDO Business Development Team
 13:30~14:15 『高圧二酸化炭素による水不溶性高分子の相転移を利用した口腔内崩壊錠の設計』
         真栄田 篤
         アステラス製薬株式会社 製薬技術本部 製剤研究所 DDS研究室 主管研究員
 14:15~14:40 Coffee Break( 25分)
 14:40~15:00 一般財団法人新製剤技術とエンジニアリング振興基金
         パーティクルデザイン賞 授賞式 および 海外留学研究助成金 目録贈呈式
 15:00~15:45 パーティクルデザイン賞 受賞講演
         『核酸医薬を細胞・臓器へ標的化できる自己組織化負電荷微粒子製剤の設計と応用』
         佐々木 均
         長崎大学病院 薬剤部 教授・薬剤部長
 15:45~16:30 『3D プリンティングおよびAdditive Manufacturing( 付加製造技術) の医薬品への応用』
         Jae D. Yoo
         GlaxoSmithKline, Advanced Manufacturing Technologies
         R&D Platform Technology & Science, Senior Scientific Investigator
 16:30~17:15 『GMP 省令の改正について』
         櫻井 信豪
         独立行政法人医薬品医療機器総合機構 審議役(品質管理担当)、品質管理部長(併任)
 17:30~19:30 交流会

 2018年7月19日(木)
   9:30~10:15 『連続生産のためのプロセス開発と管理法の導入』
         Arwa El Hagrasy
         FDA, Office of Process and Facilities/Office of Pharmaceutical Quality
         Quality Assessment Lead (Acting)
 10:15~11:00 『データインテグリティに関する最近の話題と製薬企業としての対応』
         蛭田 修
         Meiji Seika ファルマ株式会社 信頼性保証本部 品質保証部
         専任部長 兼 シニアアドバイザー
 11:00~11:45 『新たなタケダへの変革~タケダの価値と文化に裏打ちされた高収益体質企業へ~』
         Thomas Wozniewski
         Takeda Pharmaceuticals International AG,
         Global Manufacturing & Supply Officer
         Zurich/Switzerland
 11:45~12:45 Lunch Time (60分)
 12:45~13:30 『固形製剤の連続生産実現に向けた小野薬品の取組み』
         角田 正
         小野薬品工業株式会社 CMC・生産本部 製剤研究部 治験薬管理グループ
 13:30~14:15 『エスエーワン配合OD錠(フィルムコーティングOD錠)の開発』
         菊岡 広晃
         沢井製薬株式会社 製剤研究部 製剤Ⅰグループ グループマネージャー
 14:15~14:45 Coffee Break (30分)
 14:45~15:30 『経口固形製剤連続生産施設のネットワークの設計と導入の先駆者として』
         Ahmad Almaya
         Eli Lilly and Company, Small Molecule Design and Development;
         Lilly Research Labs, Director
 15:30~16:15 『クリスタルエンジニアリングを駆使した医薬品物性・製剤技術の新展開』
         辛島 正俊
         武田薬品工業株式会社 アナリティカル・デベロップメント 主席研究員
 16:15~16:20 閉会の挨拶

 ※講演スケジュールは変更される場合がございます。

 

前のページへ戻る

この記事に関連する商材情報

こちらの記事もご覧ください

TOP