ScanStation

インキュベーター・ロボティックアーム内蔵のリアルタイムコロニーカウンター

2021/05/07

画像をクリックして拡大イメージを表示

インキュベーター、ロボティックアーム内蔵のコロニーカウンター
シャーレをセット後、培養時間中、継続して撮影を行い、コロニーのカウントを
行います。
継続してカウントを行うことにより、夾雑物との識別ができ、またカビのような
拡散性のあるコロニーも初期から検出することで、正確にカウントを行うことが
できます。培養中の経過観察も可能で、リアルタイムに結果をモニタリングする
ことができ、出荷判定などの行うためのデータを提供いたします。

【仕様】
・シャーレ収容枚数:100 枚、200 枚、300 枚
・温度設定範囲:20~45 ℃
         (ペルチェモジュール内蔵)
・培養時間:最大 10 日間
・塗抹:混釈、平板塗抹、スパイラル法、メンブレンフィルター法
・撮影間隔:30 分 または 1 時間ごと
       (ScanStation300の場合は 1 時間のみ設定可能)
・測定パラメータ設定:シャーレ 1 枚ごとに設定可能
・シャーレサイズ:90 mm
         55~65 mm(オプションの専用アダプターが必要)
・カメラ解像度:5 メガピクセル
・ビデオ:培養中、培養後に再生、ズーム、一時停止が可能
・温度分布精度:インキュベーター内 9 ポイントで ± 1℃
・温度記録:毎分ごと
・外部環境:18~25 ℃、湿度 70 % 以下
・ソフトウェア言語:日本語, 英語, フランス語, 中国語, ドイツ語, スペイン語
・製品サイズ(ストレージユニット付):
   ScanStation100/1360×830×1460 mm
   ScanStation200/1360×830×1770 mm
   ScanStation300/1360×830×2010 mm
・製品重量(ストレージユニット込):
   ScanStation100/347 kg
   ScanStation200/390 kg
   ScanStation300/425 kg
・電源:AC 100〜240 V、50/60 Hz
・消費電力:2000 W

製品カタログ

この製品へのお問い合わせ

ScanStationに関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
※このお問い合わせフォームでの営業・勧誘などはご遠慮ください。

企業情報

アズワン株式会社

詳しく見る

TOP