製剤技術とGMPの最先端技術情報

ロンザジャパン株式会社 受託製造開発事業部 Lonza Pharma & Biotech     

住所 〒104-6591 東京都中央区明石町8-1 聖路加タワー39階
TEL 03-6264-0600 FAX
URL http://pharma.lonza.com/
設立 1980年 資本金 (日本法人)2億円 従業員数 (日本法人)約70名
事業内容 Lonza Pharma & Biotech(受託製造開発事業部)
医薬品の受託製造開発 -CDMO
-低分子医薬品
-バイオ医薬品
-再生医療等製品(細胞治療、遺伝子治療)
-剤型ソリューション
-製剤サービス 等

お問い合わせ:
ロンザジャパン株式会社 受託製造開発事業部
Email: pharma-biotech-jp@lonza.com
日本語Web:https://www.lonza.com/jp/home/custom-manufacturing-jp.aspx
事業拠点 製造開発グローバルネットワーク-バイオ医薬品 10拠点 / 低分子医薬品 16拠点|営業拠点-国内(東京)
企業PR Lonza Pharma & Biotechは医薬品の受託製造開発サービスを製薬企業やバイオ企業に提供し、治療を必要としている患者さんに医薬品を届けるお手伝いをしています。私たちのソリューションは、遺伝子から最終製剤に至るまで、委託を簡略化し、お客様の望まれるタイミングで確実な結果を提供致します。私たちの幅広い実績は、最先端治療の商用化から、多様なバイオ医薬品、低分子医薬品の製造までを網羅しています。また、現状の課題解決のためだけでなく未来のチャレンジのためにも継続的投資を行っています。私たちは、お客様と共に、次なる医薬品を創出します。

Lonzaとは
Capsugel(カプスゲル社)の買収を完了したことで、Lonzaは、医薬品、バイオテクノロジーおよびスペシャリティケミカルの市場をリードする最も信頼されているグローバルサプライヤーの1社としての立場をさらに強化しました。高い科学技術力を利用して、より安全で健康な生活をサポートし、クオリティ・オブ・ライフを向上させるための製品やサービスを創出しています。

ヘルスケア業界全体に貢献する総合ソリューション・プロバイダーとして、Lonzaは、医薬品原薬の受託開発・製造から革新的な剤型まで、医薬品、コンシューマーヘルスケア、栄養補助食品の各業界のために製品・サービスを提供しています。飲料水消毒剤、栄養補助食品、抗フケ剤、その他のパーソナルケア成分に加え、Lonzaは、農業用製品、先進的コーティング剤・成分、危険なウイルスや細菌などの病原体に有効な微生物管理ソリューションを提供しています。

 

ロンザジャパン株式会社 受託製造開発事業部 Lonza Pharma & Biotech     に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
TOP