注射剤の検査技術

体内に直接入る注射剤において、不具合品の市場流出は許されず、    厳格な品質管理が求められます。

2022/04/26

画像をクリックして拡大イメージを表示

そこで、容器を一つ一つ検査し、 外観不良や混入異物を検知する技術が重要となります。


外観異物検査技術のご紹介
  注射剤は、洗浄、シリコン塗布、滅菌、充填、巻締めなど、さまざまな工程を経て製造されます。
その間、異なる温度・圧力にさらされ、高速で扱われるため、容器には、ヒビ、欠け、折れといった損傷が生じることがあります。
また、充填、打栓・熔閉などの段階で汚染物質が混入するリスクもあります。そこで、容器を一つ一つ検査し、外観不良や混入異物を検知する技術が重要となります。

この製品へのお問い合わせ

注射剤の検査技術に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
※このお問い合わせフォームでの営業・勧誘などはご遠慮ください。

企業情報

シンテゴンテクノロジー株式会社

詳しく見る

TOP