【東レリサーチセンター】タンパク質の分解物・切断体のN末端及びC末端の配列決定

抗体医薬、ADC、ワクチン、タンパク検出体外診断薬の特性解析を受託します!

2021/05/10

画像をクリックして拡大イメージを表示

タンパク質の分解物や切断体が、どのような機構で分解、切断されたか、
明らかにしたいというご要望が増えています!


東レリサーチセンターでは、N末端やC末端アミノ酸配列を決定し、
分解物や切断体が全長配列のどの部分を含むのか分析する手法を
ご提案しています。


+-----------------------
<分析の流れ(例)>
●プロテインシーケンサーによるN末端アミノ酸配列解析
●LC/MSによるインタクト質量分析
●LC-MS/MSによるC末端アミノ酸配列解析
●必要に応じて、酸素水(18O水)中で酵素消化し、
 C末端ペプチドを確定し、配列決定


夾雑物がある場合は、
●SDS-PADEにより、主成分と夾雑成分を分離後、
 それぞれのN末端及びC末端アミノ酸配列を決定
-----------------------+

東レリサーチセンターでは、
重酸素水(18O水)を用いたC末端アミノ酸配列解析も受託しています。
是非一度お試しください。


弊社ホームページでも分析メニューなどをご紹介しています。
関連リンクよりアクセスが可能です。是非ご覧ください。

 

関連リンク

この製品へのお問い合わせ

【東レリサーチセンター】タンパク質の分解物・切断体のN末端及びC末端の配列決定に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
※このお問い合わせフォームでの営業・勧誘などはご遠慮ください。

企業情報

株式会社東レリサーチセンター

詳しく見る

TOP