製剤技術とGMPの最先端技術情報

界面活性剤のロット間差の分析評価

製品安定性が悪い?! 界面活性剤の影響ではないですか

2020/03/27

画像をクリックして拡大イメージを表示

【バイオ医薬品の品質管理における界面活性剤】

バイオ医薬品に必須な界面活性剤のロット間の差を純度分析、不純物分析で明らかにします。

界面活性剤の品質管理-ロット間差の分析-
● バイオ医薬品の開発・製造工程では、タンパク質の凝集を抑制し構造安定性を維持するために界面活性剤を添加し ます。
● 界面活性剤はロットの違いによってその純度や含有する不純物に違いが生じることがあり、バイオ医薬品の安定性な らびに品質に影響を及ぼすリスクがあります。
界面活性剤のロット間の比較のために、核磁気共鳴スペクトル(NMR)法や液体クロマトグラフィー質量分析(LC/MS) 法を組み合わせ
・ロット間の純度分析
・ロット間で差がある不純物の構造推定ならびに構造解析

を、迅速かつ低価格なスクリーニング分析から正確な構造解析までの幅広いメニューでご提供します。
● 異常ロットの原因究明、反応前後の生成物比較にも有用な評価方法です。
 

関連リンク

製品カタログ

この製品へのお問い合わせ

界面活性剤のロット間差の分析評価に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
※このお問い合わせフォームでの営業・勧誘などはご遠慮ください。

企業情報

JFEテクノリサーチ株式会社

  • 住所東京都千代田区大手町2丁目7番1号 JFE商事ビル
  • TEL03-3510-3400 / FAX 03-3510-3469
  • URLhttps://www.jfe-tec.co.jp/

詳しく見る

業界トピック

TOP