製剤技術とGMPの最先端技術情報

バイオテクノロジー産業向けの固形分を自動排出する大容量の遠心分離機 Culturefuge 300

動物細胞と微生物細胞だけではな く、細胞残屑と懸濁したタンパク質も、最大20m3/hの処理 能力で分離するために設計された蒸気滅菌可能な気密遠心分離機

2020/04/01

画像をクリックして拡大イメージを表示

本製品は、液体から粒子、特に、壊れやすい粒子を分離する清澄処理のために作られています。酸素の取込みを少なくする必要がある用途では、この装置の気密機能を利用することもできます。

その滅菌適性により、この装置は、ほとんどのバイオテクノロジー用途の分離処理に適した装置になっています。

詳細は製品資料をご覧ください。

製品カタログ

関連資料

この製品へのお問い合わせ

バイオテクノロジー産業向けの固形分を自動排出する大容量の遠心分離機 Culturefuge 300に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。

企業情報

アルファ・ラバル株式会社

  • 住所東京都港区港南2-12-23 明産高浜ビル10階
  • TEL03-5462-2442 / FAX 03-5462-2453
  • URLhttp://www.alfalaval.jp

詳しく見る

業界トピック

TOP