製剤技術とGMPの最先端技術情報

固形分排出型の遠心分離機 Culturefuge 100

清澄処理用として設計されたディスク型遠心分離機

2020/04/01

画像をクリックして拡大イメージを表示

多くの新規生物学的製剤は壊れやすい動物細胞から作られます。
分離は比較的容易なプロセスですが、複雑な細胞内タンパク質と細胞外液は非常に壊れやすい細胞膜で隔離されている為、
これを破砕せずに穏やかな方法で分離するには、特別な技術が必要です。これを回避することで、必要なタンパク質の下流精製が軽減できます。

用途:
本装置は、清澄処理用として設計されています。
特に、壊れやすい粒子を液体から分離して清澄化するのに適しています。また、ヘルメチック機構を採用することで、
酸素の取込みを最小限に抑えることが出来ます。

詳細は製品リーフレットをご覧ください。

製品カタログ

関連資料

この製品へのお問い合わせ

固形分排出型の遠心分離機 Culturefuge 100に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。

企業情報

アルファ・ラバル株式会社

  • 住所東京都港区港南2-12-23 明産高浜ビル10階
  • TEL03-5462-2442 / FAX 03-5462-2453
  • URLhttp://www.alfalaval.jp

詳しく見る

業界トピック

TOP