製剤技術とGMPの最先端技術情報

実生産プラント用分離システム Culturefuge 400

カルチャーフュージシリーズは動物細胞の処理に特化して開 発されてきました。ユニークな中空スピンドルデザインによっ て、処理液は穏やかに加速され、剪断力に敏感なセル膜の破 砕を最小限にします。

2019/10/30

画像をクリックして拡大イメージを表示

動物細胞から生産されるより多くのバイオ医薬品が商品化されており、発酵槽の容量が増しています。製品品質を落とさずに、また確かな、首尾一貫した方法で20,000リットルもの発酵液と発酵槽をプロセス化するためには、アルファ・ラバルのノウハウと経験が必要です。

テクニカルデータ

最大通液量 max. 20 m3/h 1)
最大遠心力 max. 7,425
ボウル最高回転数 max. 5,119 rpm
モーター出力(コントロールトルク) 22 kW (30 HP)
騒音レベル 73 dB(A) 2)

1 ) 実際の通液量は、原液組成、分離ご要求度により異なります。
2 ) ISO3744による

詳細はプロダクトシートをご覧ください。

製品カタログ

この製品へのお問い合わせ

実生産プラント用分離システム Culturefuge 400に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。

企業情報

アルファ・ラバル株式会社

  • 住所東京都港区港南2-12-23 明産高浜ビル10階
  • TEL03-5462-2442 / FAX 03-5462-2453
  • URLhttp://www.alfalaval.jp

詳しく見る

業界トピック

TOP