製剤技術とGMPの最先端技術情報

Agilent InfinityLab Poroshell120 HILICカラム

分析困難な極性化合物を確実に分析

2020/03/26

画像をクリックして拡大イメージを表示

親水性相互作用液体クロマトグラフィー (HILIC) では、
標準的な LC システムと一般的な逆相溶媒を使用することにより、極性対象化合物を保持し、分離することができます。

新しい Agilent InfinityLab Poroshell 120 HILIC ケミストリは、革新的な粒子技術と結合相を組み合わせて、
極性対象化合物のリテンションとピーク形状を向上させます。

そのため、分析困難な高帯電性の極性化合物を短時間で効率的に分離でき、
MS モードで MS に適した溶離液を用いて卓越した感度が実現します。

InfinityLab Poroshell 120 HILIC-Z カラム
– 2.7 m Poroshell 120 粒子に結合する画期的な両性イオン型官能基固定相
– PEEK ライニングカラムオプションにより、金属の影響を受け分析困難な
イオン性化合物でも卓越したピーク形状と回収率を達成
– 高い pH と温度安定性: 最大 pH 12 と 80 ºC

InfinityLab Poroshell 120 HILIC-OH5 カラム
– 2.7 m Poroshell 120 粒子に結合する画期的なポリヒドロキシフルクタン相
– HILIC およびHILIC-Z 相に対して異なる選択性を提供

製品カタログ

この製品へのお問い合わせ

Agilent InfinityLab Poroshell120 HILICカラムに関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。

企業情報

アジレント・テクノロジー株式会社

詳しく見る

業界トピック

TOP