製剤技術とGMPの最先端技術情報

Agilent AdvanceBio HICカラム

インタクトプロテインの堅牢な疎水性相互作用クロマトグラフィー

2020/03/26

画像をクリックして拡大イメージを表示

Agilent AdvanceBio HIC カラムは、天然タンパク質の高分離能分離をインタクトレベルで実現し、堅牢で再現性の高い結果を提供します。
ZORBAX 全多孔質粒子と独自の結合技術が組み込まれているため、疎水性と選択性に優れており、
モノクローナル抗体 (mAb)、抗体薬物複合体 (ADC)、その他の遺伝子組み換えタンパク質など、非常に分析困難な分子にも対応しています。
Agilent 1260 Infinity II バイオイナート LC システムと組み合わせることで、
特性解析やバリデーションにおいて比類のない性能を発揮し、データの一貫性を確保します。

最適な選択性 – mAb 酸化変異体と ADC の薬物抗体比に対応 単一のケミストリ – CQA ごとの複数のカラムスクリーニングが不要
堅牢性の強化 – カラム寿命の向上により、分析結果の信頼性が飛躍的に向上
優れた性能 – すべての充填剤バッチが NIST mAb 標準でテスト済み
高品質 – すべてのカラムが個別に試験済みで、効率的なパッキングを保証
生産性の向上 – 短いカラムにより、従来と同じ分離性能で分析の高速化を実現

製品カタログ

この製品へのお問い合わせ

Agilent AdvanceBio HICカラムに関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。

企業情報

アジレント・テクノロジー株式会社

詳しく見る

業界トピック

TOP