進化形バイオクロマトグラフィーメディア CIM ® モノリスカラム

ウイルスや核酸、抗体などのバイオプロセスの精製・分析に好適

2021/09/07

画像をクリックして拡大イメージを表示

 CIM ® モノリスカラムは、細胞・遺伝子治療、ワクチン製造に用いられるAAVなどのウイルスベクターや核酸(mRNA、pDNA、オリゴヌクレオチド)、エクソソームなどのバイオナノ粒子や、ペプチド、タンパク質、抗体の精製に対して、2または3ステップによる高純度のクロマトグラフィー精製が可能です。
1mLから8000mLまでのスケーラビリティが実証された、プレパックのcGMPフォーマット、高速ランタイムと大容量、分野・モダリティ別の精製パッケージのご提供により、バイオテクノロジーの生産性とプロセス効率化の向上への取組みを支援します。

 CIM ® モノリスカラムとザルトリウスの提供するサービスによって、ダウンストリームプロセスにおけるクロマトグラフィーのさまざまな課題に好適なソリューションを提供します。
●優れた分離性能・ハイスループット
-最大16CV/minの高流速を実現
-ラボ調整からバイオ生産プロセスまでサポート
高流速・低背圧によるハイスループット精製
●容易なハンドリング
-ディスポーザブルハウジングに封入されたプレパックカラム
-CIPによる繰り返し使用
-フィッティングも各社機器に適合
●バリデーション・品質
-ISO9001対応のQCシステムにより設計・開発・製造
-バイオ医薬精製にフォーカスしたモノリスカラム
-USP ClassVI認定材料

学習用ウェビナーへの閲覧をご希望の方はお問い合わせよりご連絡ください。閲覧用のURLをお送りいたします。
ウェビナー内容
1:How to Evolve mRNA Production and Purification in the Aftermath of COVID-19 Vaccine Development
2:Integrated Production Process of mRNA from E. coli to Highly Purified mRNA

関連リンク

製品カタログ

関連資料

この製品へのお問い合わせ

進化形バイオクロマトグラフィーメディア CIM ® モノリスカラムに関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
※このお問い合わせフォームでの営業・勧誘などはご遠慮ください。

企業情報

ザルトリウス・グループ

  • 住所東京都品川区北品川1-8-11 Daiwa品川Northビル4階
  • TEL03-6478-5200(ザルトリウス・ジャパン): 03-6478-5201(ザルトリウス・ステディム・ジャパン) / FAX 03-6478-5495
  • URLhttp://www.sartorius.com

詳しく見る

TOP