製剤技術とGMPの最先端技術情報

液体・粘体自動充填包装機【JAM-NPPH3S】

省スペースで使用可能!城南自動機のロングセラー機!

2019/10/17

画像をクリックして拡大イメージを表示

液体・粉体自動充填包装機【JAM-NPPH3S】は、液体・粘体を連続して充填を行う自動包装機です。安定したシール強度を保たせるため、横シールローラーは二段式(一段目:ヒートシール、二段目:冷却シール)になっているので、常温・高温の充填包装も同じシール強度と美しい仕上りが可能です。
また、充填の際、袋内に空気が残らないように脱気する「エアー抜き絞りローラ装置」が
取り付けられています。
 
【特長】
■包装能力:70~150袋/分(包装材料・充填量・包装寸法により異なります)
■充填量:10~30cc、30~60cc、60~100cc(選択)
■包装寸法:幅  40~80mm・60~100mm・80~120mm(選択)
      長さ 40~60mm・50~90mm・60~120mm(選択)
■包装材料:各種ラミネートフィルム
■包装形態:3方・4方シール・ペアーシール(選択)
■サイズ:1,800H×1,100W×1,150D(mm)・3相AC200V 約4.2kVA・約650kg
■装備:フィルム欠品検知装置、フィルム継ぎ目検知装置、マーク合わせ装置、エアー抜きローラ、カッター、破り口装置、冷却用横シールローラ、引っ張りゴムローラ、ポンプ、液量調整ダイヤル、ホッパー、タッチパネル
■オプション:ホッパー内レベル制御装置、印字装置、フィルム蛇行修正装置、横ミシン数切装置、製品数区分装置など
 

この製品へのお問い合わせ

液体・粘体自動充填包装機【JAM-NPPH3S】に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。

企業情報

城南自動機株式会社

詳しく見る

業界トピック

TOP