製剤技術とGMPの最先端技術情報

統計ベース毒性予測ソフトウェアSarah Nexus(Lhasa社)

ICH M7ガイドライン対応 QSARモデルによる化合物変異原性予測

2020/09/08

画像をクリックして拡大イメージを表示

Sarah Nexus(サラ ネクサス)は、様々なデータソースから得られた変異原性試験データより構築された統計モデルに基づき、化合物の変異原性を予測するソフトウェアです。Lhasa社で開発された、知識ベース毒性予測ソフトウェアDerek Nexusや毒性試験データベースViticとの組み合わせにより、 ICH M7ガイドラインにおける医薬品中の不純物のリスク評価のワークフローで求められる、エキスパートレビューを支援します。

■透明性の高い予測
化合物の予測結果(Positive/Negative)に加え、クエリ化合物とトレーニング化合物の構造類似性に基づき、Confidence(予測結果の信頼性)も算出します。

■信頼性の予測
毒性の予測結果は、信頼性やヒットした毒性化合物に見られるフラグメント構造、文献、クエリ化合物に類似しているトレーニングデータセット中の既知毒性化合物データとともに提示されます。

 

関連リンク

この製品へのお問い合わせ

統計ベース毒性予測ソフトウェアSarah Nexus(Lhasa社)に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
※このお問い合わせフォームでの営業・勧誘などはご遠慮ください。

企業情報

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

  • 住所東京都品川区大崎1-2-2 アートビレッジ大崎セントラルタワー
  • TEL03-6417-6600 / FAX 03-5434-0061
  • URLhttp://ls.ctc-g.co.jp/

詳しく見る

業界トピック

TOP