毒性データ管理プラットフォームSetaria(Lhasa社)

ICH M7ガイドライン対応不純物リスク評価支援 製薬企業とのコラボレーションにより開発

2020/09/08

画像をクリックして拡大イメージを表示

Setaria(セタリア)は、ICH M7ガイドライン対応のワークフローを支援するプラットフォームです。in silicoシステム(Derek NexusやSarah Nexus)による予測結果や、他のin silico QSARシステムによる予測結果、Ames変異原性・発がん性、職業毒性の試験データなどの自社試験データをワンプラットフォームで一元集中管理できます。またViticとのダイレクトリンクも可能です。Setariaを利用することで、ICH M7ガイドライン対応に必要な情報をすばやく引き出すことができるようになります。

関連リンク

この製品へのお問い合わせ

毒性データ管理プラットフォームSetaria(Lhasa社)に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
※このお問い合わせフォームでの営業・勧誘などはご遠慮ください。

企業情報

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

  • 住所東京都品川区大崎1-2-2 アートビレッジ大崎セントラルタワー
  • TEL03-6417-6600 / FAX 03-5434-0061
  • URLhttp://ls.ctc-g.co.jp/

詳しく見る

TOP