製剤技術とGMPの最先端技術情報

乾燥技術・装置

短時間化、低温化、品質向上、残留溶媒低減が期待できます!

2020/12/24

画像をクリックして拡大イメージを表示

■お客様からのお問い合わせ
・ 乾燥時間を短縮したい
・ 装置を小型化したい
・ 乾燥時の品温を低減し、熱ダメージを低減・品質を向上したい
・ 残留溶媒量を低減/制御したい

■プラットフォーム技術内容
物質選択的な加熱と内部加熱を得意とするマイクロ波により、 下記のようなターゲットや効果を狙うことができます。
<ターゲット例>
・ ポリマー:ペレット、粉末、フィルム
・ フィルター
・ 医薬、原薬
・ 食品
・ セラミックス、触媒
<外部加熱と比べた効果例>
・ 時間短縮
・ 装置小型化
・ ライン速度向上
・ 低温化、劣化抑制
・ 残留溶媒量の低減

■適用事例
●ポリマー乾燥
外部加熱方式では、ポリマーも溶媒も区別なく全体が外側から加熱されるため、長い乾燥時間を要することがあります。
マイクロ波を活用することで、ポリマー (製品)ではなく、除去したい溶媒を選択的に加熱する反応設計を設計しました。
<従来法に対する効果>
・ 急速乾燥
・ 内部乾燥
・ 劣化抑制

●セラミック乾燥
外部加熱方式では、内部へのエネルギー伝達が非効率のため、温度分布が形成され、時間もかかります。
マイクロ波を活用することで、セラミックス (製品)ではなく、除去したい溶媒を選択的に加熱する反応を設計しました。
<従来法に対する効果>
・ 急速乾燥
・ 内部乾燥

この製品へのお問い合わせ

乾燥技術・装置に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
※このお問い合わせフォームでの営業・勧誘などはご遠慮ください。

企業情報

マイクロ波化学株式会社

  • 住所大阪府吹田市山田丘2-8 テクノアライアンス棟3階
  • TEL06-6170-7595 / FAX 06-6170-7596
  • URLhttps://mwcc.jp/

詳しく見る

業界トピック

TOP