製剤技術とGMPの最先端技術情報

株式会社ディビイ

住所 〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-8-24 新大阪第3ドイビル 6階
TEL 06-7668-8394 FAX
URL https://d-be.co.jp/
設立 2015年 資本金 206962500円 従業員数 10名
事業内容 自然言語処理、AI、機械学習を使った分析。それらの技術を使った製薬会社向けの製品開発(Rodanius for pharma, Predictor)・販売
特に、製造販売申請書とGMP文書群との記載違いの自動検出、製剤設計における各数値の予測、シュミレーションに力を入れています。
事業拠点 大阪・東京(南青山)
企業PR 弊社製品Rodanius for pharmaにおいて、製造販売申請書とGMP文書(原文書:製造指図書、SOP、試験手順書など)との記載違い、誤記、齟齬を自動検出するソフトウェアを開発しています。GMP省令改正案で必須になっています製造実態と製造販売承認の整合を担保する唯一の製品です。既に、製薬会社様 数社とPOCを実施、高い評価を得ています。

また、製剤設計において、多くの実験データ、条件から最適かつ無駄のない実験をするために、たいへんなご努力をされていることと思います。弊社のPredictorでは、過去の実験データを各製剤設計ステップに関わらず、すべてのデータを投入していただくことで、自動的にデータを増幅させ、実験前に求めたい数値を予測することが可能です。また求めれた数値が範囲外な場合でも、シュミレーションの手法を使って、全ての可能性のある数値の組み合わせを出力することが可能です。これにより、ご担当者は、実験すべき各数値セットを絞り込むことができます。

これらの技術は、バイエル社様のG4A 2019で高い評価を受けています。

上記内容にかかわらず、ご相談をお待ちしております。

株式会社ディビイに関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
TOP