製剤技術とGMPの最先端技術情報

エアプラズマ『APW-602f』

エアによるコロナの強制照射のため複雑な形状のワークにも対応可能!

2019/10/15

画像をクリックして拡大イメージを表示

エアプラズマは放電電極から照射されたアーク状コロナを直接ワークに吹きつけることで表面改質を行なうコロナ表面処理装置です。
放電電極先端部に取り付けられた一対の対向電極間に高電圧が印加されるとコロナ放電が発生し、さらに内蔵ファンのアシストによりアーク状コロナが生成されます。このアーク状コロナのダイレクト照射によるプラズマ効果(官能基導入)と熱的要因による熱溶融で基材表面の親水性が向上します。
エアによるコロナの強制照射のため複雑な形状のワークにも対応可能であり、大掛かりな設備が不要です。
 

この製品へのお問い合わせ

エアプラズマ『APW-602f』に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。

企業情報

春日電機株式会社

詳しく見る

業界トピック

TOP