製剤技術とGMPの最先端技術情報

放出制御ポリマー AFFINISOL™ 溶解度改善ポリマー

AFFINISOL™ 溶解度改善ポリマー

2019/09/26

画像をクリックして拡大イメージを表示

不溶性の解決策

AFFINISOL™ Hypromellose Acetate Succinate (HPMCAS) for Spray-Dried Dispersion (SDD) および AFFINISOL™ Hydroxypropyl Methylcellulose for Hot Melt Extrusion (HME)

医薬品有効成分(API)の溶解性が低いことは、製薬業界が直面している最大の課題です。AFFINISOL™ポリマーは、これらのAPIの溶解性の改善に役立ちます。

AFFINISOL™ HPMCAS Polymers

AFFINISOL™ ヒプロメロース酢酸エステルコハク酸エステル(HPMCAS)は、安定した固体分散体(非晶質状態)を維持し、APIの結晶化を抑制することによって溶解性の向上を最適化するのに役立つ可溶性ポリマーです。さらに、AFFINISOL™ HPMCASは、APIの溶解性向上と結晶核形成阻害を最大限にするために、アセチル基とスクシニル基の置換度の違うグレードの中から、ご要望に合わせたものをお選びいただくことができます。

AFFINISOL™ HPMC HME Polymers

AFFINISOL™HPMC HME(ヒドロキシプロピルメチルセルロース)は、ホットメルトエクストルージョンに使用するように設計されており、製薬会社は、APIの溶解の促進と再結晶抑制のために利用しています。

セルロース系ポリマーであるAFFINISOL™HPMC HMEは、可塑剤を使用せずに広い温度範囲で押し出すことができる能力を有し、ヒプロメロースで既知の結晶化抑制特性をも維持しています。 AFFINISOL™HPMC HMEは処方要件を簡素化し、物理的安定性を向上させ、薬物放出プロファイルに多様性をもたらします。

AFFINISOL™ポリマーの用途

AFFINISOL™ポリマーは、噴霧乾燥法(SDD)またはホットメルトエクストルージョン法(HME)のどちらを選択したとしても、APIの可溶化性能要件に対応するために独自に調整調製されています。

SDDおよびHMEを使用することにより、Biopharmaceutics Classification SystemでクラスIIおよびクラスIVに分類される難溶性薬物の溶解性や核生成防止を改善し、医薬用途のための製剤技術の発展につながります。

AFFINISOL™はThe Dow Chemical Companyの商標です

この製品へのお問い合わせ

放出制御ポリマー AFFINISOL™ 溶解度改善ポリマーに関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。

企業情報

日本カラコン合同会社

詳しく見る

業界トピック

TOP