Single Cellome Unit SU10

ナノピペットで1細胞解析の新しい未来を切り開きます

2020/03/18

画像をクリックして拡大イメージを表示

ナノピペットで1細胞解析の新しい未来を切り開きます
ナノピペットを使用した細胞穿刺とインジェクションなどを自動化する顕微鏡コンポーネントシステムです。
低侵襲のためライブセルを対象とした1細胞の操作と解析が可能になります。

低侵襲の1細胞解析
先端径が百ナノメートルレベルの超極細ガラスピペット(ナノピペット)を採用することで細胞への低侵襲を実現しました。
精密3軸アクチュエータ(XYZ方向)を搭載し、細胞への精密な位置決めと穿刺が可能です。 イオン電流計測による細胞表面検知によりZ方向の自動制御を実現しました。
穿刺と抜去時の適切なスピードコントロールにより細胞へのダメージを最小限に抑制しています。
ナノピペット先端の電気化学現象を応用した微小ポンプによるインジェクションとアスピレーション*1が可能です。

*1 アスピレーション機能のご使用に際しては注意点がありますので、別途お問い合わせください。
*2 顕微鏡は本製品に含まれません。

関連リンク

この製品へのお問い合わせ

Single Cellome Unit SU10に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
※このお問い合わせフォームでの営業・勧誘などはご遠慮ください。

企業情報

横河電機株式会社

詳しく見る

TOP