製剤技術とGMPの最先端技術情報

クラウド型 設備保全管理システム eServ

保全管理のベストプラクティス

2019/07/17

画像をクリックして拡大イメージを表示

eServは保全員の保全員の"考える保全"を支援します。いつでも、どこでも、誰にでも使えてすぐに効果を実感できる、現場で働くひとりひとりが考え行動する、日本の保全スタイルを目指して作り上げたソリューションです。
20年間にわたり設備保全の現場をサポートしてきた経験とノウハウ、国内外360サイト・5,000ユーザーからのフィードバックを反映させ、「やりたいことをシンプルに、見やすく、使いやすく」をコンセプトに開発しました。また、スマートフォンやタブレットを活用することにより、現場に密着した保全活動をサポートします。

予防保全への変革に向けて
通常業務で蓄積された貴重なデータも紙やExcelでは、履歴の閲覧が次第に煩雑で困難になっていきます。
eServなら予備品や図面、対応履歴など必要な情報を活用することで保全現場での迅速なトラブル対応を可能とします。
それにより設備トラブル、ライン停止による生産機会損失、無駄な作業を削減することができます。 またeServでは作業手順、メンテナンス方法、点検のポイントを記録することで、予防保全の計画を作ることもできます。従来の事後保全中心のスタイルから戦略的な予防保全スタイルへ変革し、安心、安全、持続可能なプラントを実現します。

製品カタログ

この製品へのお問い合わせ

クラウド型 設備保全管理システム eServ に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。

企業情報

横河電機株式会社

詳しく見る

業界トピック

TOP