プロテインシンプル ジャパン株式会社

<公開中 Webinar>遺伝子治療の研究開発のための、革新的なキャピラリー電気泳動技術

2021/03/26

開催日 2021年3月26日(金)
開催地 Web

遺伝子治療の候補者の研究開発要件は、他の生物療法とそれほど変わりません。これらの複雑な分子を完全に特徴づけるには、情報に基づいた正確な決定を行うために信頼できる分析機器が必要です。特性評価とリリース要件の両方をサポートするには、速度、精度、柔軟性が必要です。テクニカルセミナーの最初のセグメントでは、遺伝子治療の開発をサポートするために、開発パスに沿って簡単に実装できるさまざまなキャピラリー電気泳動技術について説明します。

セミナーの2番目のセグメントでは、イメージ cIEF法(キャピラリー等電点電気泳動)を使用したアデノ随伴ウイルス(AAV)の Empty(空)および Full の分離に焦点を当てます。電荷ベースの手法によるAAV EmptyとFull の分離は、イオン交換クロマトグラフィー(IEX)を使用していくつかの血清型で開発されました。ただし、IEXでは血清型を効果的に分離できない場合があるため、他の手法を使用する必要があります。ここでは、画像化されたcIEFが他の手法では分離できなかったAAV原薬を分離する方法を紹介し、画像化されたcIEFメソッドの開発について説明します。


内容:
*遺伝子治療薬候補の特性評価における分析上の課題
*ウイルスベクターの特性評価に適切なツールを選択する際の重要な分析上の考慮事項 ウイルスベクターの分析におけるキャピラリー電気泳動技術の応用
*画像化されたcIEFメソッドによるEmptyのアデノ随伴ウイルスと完全なアデノ随伴ウイルス(AAV)の分離を紹介
*分析開発の2人の専門家による、現在機能しているもの、その理由、および将来この分野でどのような方向に進むことを望んでいるのかについての調査

企業情報

プロテインシンプル ジャパン株式会社

  • 住所東京都中央区日本橋室町3-4-7 日本橋室町プラザビル9F
  • TEL03-5542-1436 / FAX 03-5542-1437
  • URLhttps://proteinsimple.jp

詳しく見る

TOP