製剤技術とGMPの最先端技術情報

APSS-2000 光遮蔽型自動微粒子測定装置

注射剤や輸液中の不溶性微粒子試験に対応

2018/09/28

画像をクリックして拡大イメージを表示

・JP、USP、EPに定める注射剤および輸液中の不溶性微粒子試験に対応
・可測粒径範囲 1.5μm~125μm
・21 CFR Part 11準拠ソフトウェア
・直観的な操作と自動レポート機能によりオペレータのエラーを低減

APSS-2000は、液体サンプル中に含まれる不溶性微粒子の粒径、及び粒子数を自動測定する、光遮へい原理に基づいた装置です。日本薬局 方(JP)、米国薬局方(USP)、欧州薬局方(EP)に定められた注射剤中の不溶性微粒子測定に最適です。 APSS-2000はシリンジSLS-1000、光遮へい式パーティクルカウンタ LiQuilazE20P及びソフトウエアSamplerSight-Pharmaで構成され ており、21CFR Part11(電子記録・電子署名に関する規制)に対応しております。

この製品へのお問い合わせ

APSS-2000 光遮蔽型自動微粒子測定装置に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。

企業情報

PMS日本支社(スペクトリス株式会社PMS事業部)

詳しく見る

業界トピック

TOP