株式会社ダイセル 新事業開発部

【寄稿】高機能賦形剤を用いたミニOD錠およびコイン型OD錠の可能性

登録日:2020/10/19

2020年9月刊行「小児製剤ハンドブック」に寄稿いたしました。
OD錠用コプロセス添加剤GRANFILLER-D、HiSORADを用いた小児製剤の研究開発に関してご紹介しております。
詳細は下記URLをご参照ください。
https://ptj.jiho.jp/article/141441
 
【ご紹介内容】
記事タイトル:高機能賦形剤を用いたミニOD錠およびコイン型OD錠の可能性

(第4章 小児製剤開発をささえる製剤技術)

 小児製剤は成人用製剤と比べて種類が少なく、医療現場において医療従事者や服薬補助者から強く望まれています。
市場に流通する小児製剤の中では経口製剤が主流とされ、開発にあたって「服用性」と「取扱性」を考慮する必要があります。
 口腔内崩壊錠(OD錠)は口腔内で30秒以内に崩壊するという特性を有し、嚥下力の低い患者に対しても適しているといえますが、小児を対象とした場合はさらなる工夫が必要だと考えております。
「ミニOD錠」や「コイン型OD錠」等の特殊な剤形は、小児製剤のアクセプタビリティを向上できる可能性があります。
 そこでOD錠用コプロセス添加剤「GRANFILLER-D」および「HiSORAD」を用いて検討した結果、当社製品の優れた加工性によりOD錠の小型化・薄型化を達成することができました。さらに作製した錠剤試料は、いずれも実用的な硬度を有し崩壊時間が数秒程度と通常のOD錠を上回る優れた崩壊性を示しました。
以上より、弊社製品は通常のOD錠だけでなく、小児製剤への応用も可能であることが分かりました。
ミニOD錠コイン型ODに興味がある方は、ぜひお問い合わせください。
 
E-mail (daicel-excipients@jp.daicel.com)
 

企業情報

株式会社ダイセル 新事業開発部

詳しく見る

このリリースに関連する商材情報

TOP