製剤技術とGMPの最先端技術情報

知識ベース毒性予測ソフトウェアDerek Nexus(Lhasa社)

ICH M7ガイドライン対応 in silicoエキスパートシステム

2020/09/08

画像をクリックして拡大イメージを表示

Derek Nexus(デレック ネクサス)は、化合物の構造からその毒性を予測する知識ベースのSAR(構造活性相関)
エキスパートシステムです。
Derek Nexusは他の毒性予測プログラムのように、統計解析的な手法を用いた定量的毒性予測とは異なり、論文・
公共データベースなどの既知の情報から得られた、部分構造毒性相関の経験則を定義した知識ベースにより、定性的な
毒性予測を行います。


■透明性の高い予測
予測結果と同時に、毒性予測の根拠になった構造部位を提示します。また、構造毒性相関に関するリファレンスや既知の報告化合物も参照でき、化合物の潜在的毒性の解釈にも活用できます。

■高品質な科学根拠に基づく知識ベース
Derek Nexusのアラートは、Lhasa社のエキスパートにより、パブリックデータ、Lhasaが独自に保有するデータ、FDAなどの規制データを、念入りに精査して作成されています。これら情報は、定期的に更新されています。

■ICH M7ガイドライン対応のサポート
ICH M7 (潜在的発がんリスクを低減するための医薬品中DNA
反応性(変異原性)不純物の評価及び管理)ガイドライン対応に向けた、知識ベースDerek Nexusと統計ベースSarah Nexusの相補的な(Q)SARによる予測結果が同時に得られるICH M7 Prediction機能が装備されています。
 

関連リンク

この製品へのお問い合わせ

知識ベース毒性予測ソフトウェアDerek Nexus(Lhasa社)に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。

企業情報

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

  • 住所東京都品川区大崎1-2-2 アートビレッジ大崎セントラルタワー
  • TEL03-6417-6600 / FAX 03-5434-0061
  • URLhttp://ls.ctc-g.co.jp/

詳しく見る

業界トピック

TOP