製剤技術とGMPの最先端技術情報

PIC/S GMP原料受入確認試験対応 携帯型ラマン分光計Progeny

1064nm励起波長で、広範囲な原料検査が可能な次世代ハンドヘルド型ラマン分光計

2020/06/19

画像をクリックして拡大イメージを表示

PIC/S GMP Annex8要件で求められる医薬品原料受入確認試験では、製剤・注射剤原料の受入れ時確認試験にて、従来の原料の外装等検査に加えて、原料成分の同一性検査を実施すること、及び全ての容器毎の同一性の確認が定められています。

それに対する最も効果的な手法として、原料確認試験に携帯型ラマン分光計を採用する製薬企業様が増えています。携帯型ラマン分光計を用いることで、サンプリングなどの前処理作業の労力を削減するだけでなく、原料確認試験の品質レベル向上にもつながります。
そこで、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)では、RIGAKU社携帯型ラマン分光計Progenyをご提供しております。

分光計Progenyは、医薬品原料確認試験の機能を有した1064nmの近赤外光のラマンレーザーによる携帯型ラマン分光計です。従来より利用されている785nmの可視光のラマンレーザーで判別の難しかった蛍光発光を有する原料の確認試験を行うことができます。医薬品原料の粉体、液体、固形など幅広い主薬や賦形剤や添加剤の測定が可能です。
 
■Progenyの特長
広範囲の医薬品・食品系原料が測定可能
-蛍光発光の影響があっても、Progenyであれば検出可能な原料の例
•カルボキシメチルセルロース等のセルロース系原料
•ゼラチン等のたんぱく原料
•酵素などの生体由来原料
•漢方薬の主原料である生薬系原料
 
簡単な操作で正確な判定結果
-操作画面が日本語対応、直感的な操作によるタッチスクリーン
 
ガラス容器・褐色瓶越しに正確に測定
-ガラス瓶や褐色瓶に対するレーザーの透過率が高く、厚みのある瓶の上から測定し原料のラマンスペクトルを得ることが可能
 
同一性試験により正確に原料を判別
-再現性の高い合否判定
 
詳細は、CTCのライフサイエンス情報サイト「LSTech」をご覧ください。 RIGAKU社Progenyページ
http://ls.ctc-g.co.jp/products/rigaku/progeny.html

■製品お問合せ先
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 
技術開発2部 マーケテイング課 
E-mail: ls-marcom@ctc-g.co.jp 
TEL: 03-6417-6600

この製品へのお問い合わせ

PIC/S GMP原料受入確認試験対応 携帯型ラマン分光計Progenyに関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。

企業情報

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

  • 住所東京都品川区大崎1-2-2 アートビレッジ大崎セントラルタワー
  • TEL03-6417-6600 / FAX 03-5434-0061
  • URLhttp://ls.ctc-g.co.jp/

詳しく見る

業界トピック

TOP