製剤技術とGMPの最先端技術情報

UBMジャパン株式会社

2019/09/23

国際医薬品開発展 2020 開催のお知らせ

世界各国でライフサイエンス、ヘルスケア関連イベントの主催、メディアの発行を展開しているUBM社は国内の化学業界唯一の専門誌「化学工業日報」を発行する化学工業日報社との共同主催により、国内最大の医薬品原料展「CPhI Japan」をはじめ、アウトソーシング、バイオ医薬品など7つのテーマで構成される医薬品開発展を2020年3月16日から18日までの3日間、東京ビッグサイト 西ホール全館で開催することを決定した。
次回開催では、「CPhI Japan」内にて前回開催から新設された生薬、漢方製剤開発・製造向けのテーマゾーン「NEX(ネックス)」がさらに規模を拡大して開催されるほか、製薬各社が新薬開発に取り組む「オンコロジー」や「希少疾患」等をテーマとした多数のコンファレンスプログラムも同時開催される予定。
また、新薬開発、原料調達などグローバル化が進む製薬業界において、300社を超える海外企業が出展する本展は最適なパートナーの発掘、既存の取引先との商談を効率的に行う絶好の機会となる。
本展は、2002年に医薬品原料展「CPhI Japan」の開催をスタートして以来、製薬業界のニーズに対応する形で、アウトソーシング、機器・装置、バイオ医薬品、DDS・パッケージング、最終製剤(2019年新設)、デジタル/ICT(2019年新設)など次々と併催イベントの新設を行い、近年では毎年約2万人の製薬業界関係者が来場し、既存顧客との商談や新製品、技術のリサーチ、新たなパートナーの発掘が積極的に行われている。
 

企業情報

UBMジャパン株式会社

詳しく見る

このリリースに関連する商材情報

業界トピック

TOP