製剤技術とGMPの最先端技術情報

自動補液限外ろ過装置 ゲンゴロウMD

タッチパネルに条件を入力するだけで濃縮・限外ろ過が自動運転

2018/04/09

画像をクリックして拡大イメージを表示

遠心機を使った試料液の脱塩・濃縮は、作業が進むにしたがい粘度が上昇するなどのために、思わぬ時間と労力を必要とします。「ゲンゴロウMD」では、この作業をタッチパネルから入力すると、全くノータッチで指示した条件に従ってあなたに代わって実験をしてくれます。

◎自動モード(脱塩モード)
限外ろ過による試料液の減量を測定して、自動的に補液しながら連続運転。1回の補液量と補液回数をタッチパネルで指示して自動運転します。完了したら自動的に停止します。

◎濃縮モード
処理液の重量が設定目標値のグラム数に到達した時点でろ過を自動停止します。

〈特徴1〉
専用の循環式膜ホルダーと膜(別売)を使うことによって、画期的な低ランニングコストでの実験を実現します。市販の使い捨ての限外ろ過モジュールを使用することも可能です。

〈特徴2〉
自動、濃縮、手動の便利モードで操作も簡単です。軽量、小型で持ち運びも簡単です。クリーンベンチに設置することもできます。
基本情報
◎本体
・最大処理液量:5,000 g(容器含む)
・必要動力:AC100V, 50W以下
・最大ろ過圧力:0.2 MPa
・使用温度:5~45℃
・寸法:W300 x D150 x H350 mm
・重量: 8.5 kg

◎計量台
・寸法:W275 x D230 x H50 mm
・重量:2.3 kg

※ご使用には、膜ホルダーと限外ろ過膜(別売り)が必要です。市販の限外ろ過モジュールも使用可能です。

この製品へのお問い合わせ

自動補液限外ろ過装置 ゲンゴロウMDに関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。

企業情報

トスク株式会社

  • 住所東京都中央区日本橋本町1丁目9番13号 日本橋本町1丁目ビル4階
  • TEL03-3516-0700 / FAX 03-3516-0701
  • URLhttp://www.toscltd.co.jp/

詳しく見る

業界トピック

TOP