製剤技術とGMPの最先端技術情報

摩損度試験器TARシリーズ(ERWEKA社)

摩損度試験の省力化

2020/08/17

画像をクリックして拡大イメージを表示

<基本機能>
試験設定:ターン数 or 時間
・回転数:20~100rpm
・試験時間:~9時間59分
・タイマー内臓による試験実施日時の表示
・10°傾斜用高さ調整脚(機器下左側)
・自動排出時の逆回転:1~10回
・LEDディスプレイの明るさ:0~10段階
・3種類の印刷モードから設定可能
 ①自動印刷 ②マニュアル印刷 ③都度確認
・ドラム数:1連 or 2連


<オプション>
・機種:TAR120(ドラム1連) or TAR220(ドラム2連)
・JP/USP/EP準拠 摩損度ドラム 1連 or 2連
・EP準拠 もろさドラム 1連 or 2連
・A4紙印刷プリンター
・IQOQ書類

関連リンク

製品カタログ

この製品へのお問い合わせ

摩損度試験器TARシリーズ(ERWEKA社)に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
※このお問い合わせフォームでの営業・勧誘などはご遠慮ください。

企業情報

ジャパンマシナリー株式会社

詳しく見る

業界トピック

TOP