製剤技術とGMPの最先端技術情報

非破壊式レーザーヘッドスペースアナライザー LSA-10 10連測定モデル

バイアル・アンプルなど透明容器の内部の酸素濃度、二酸化炭素濃度、圧力、水分量を完全非破壊・わずか数秒で測定

2020/05/27

画像をクリックして拡大イメージを表示

LSAは、周波数変調分光理論(Frequency Modulation Spectroscopy theory)を用いた、
弊社独自開発の光源システムである Laser Space Analysis Technology(以下 LSA テクノロジー)により、
酸素分子 O2 と二酸化炭素分子 CO2と水分子 H2O を測定できる装置です。
さらに、同理論によりH2O の測定結果から容器内の圧力値を求めることが可能です。
本機は10連のセミオートモデルで、10本のバイアル・アンプルを連続で測定いたします。

最大2センサー搭載可能で、酸素濃度、二酸化炭素濃度、水蒸気圧/絶対圧のいずれか2つのファクターを測定することができます。

完全非破壊のため、貴重なサンプルを何度でも測定できます。同一品の追跡試験も可能です。

ソフトウエアは日本語対応で、21 CFR Part 11 に対応しています。

この製品へのお問い合わせ

非破壊式レーザーヘッドスペースアナライザー LSA-10 10連測定モデルに関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
※このお問い合わせフォームでの営業・勧誘などはご遠慮ください。

企業情報

ジャパンマシナリー株式会社

詳しく見る

業界トピック

TOP