原材料受入検査用ハンドヘルド型 空間オフセット型ラマン分光装置Vaya(バヤ) (Agilent社)

不透明容器越し測定 開封なしの原材料同定/次世代型ラマン分光装置

2020/04/21

画像をクリックして拡大イメージを表示

独自の空間オフセットラマン方式(SORS)により、不透明容器/紙袋越しの受入検査を実現!

◆不透明な容器・紙袋越しの測定が可能
◆未開封での計測により受入検査の大幅な高速化を実現
◆蛍光を発する試料も測定可能
◆サンプルへのダメージ≒0

時間と労力のかかる原材料受入確認作業において、迅速且つ高精度な測定が可能です。
不透明な容器(紙袋、プラスチック容器、褐色瓶等)越しの測定ができるので、サンプリングを必要とせず未開封のまま原材料の同定ができ
大幅な工数、コスト削減に貢献致します。

関連リンク

製品カタログ

関連資料

この製品へのお問い合わせ

原材料受入検査用ハンドヘルド型 空間オフセット型ラマン分光装置Vaya(バヤ) (Agilent社)に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
※このお問い合わせフォームでの営業・勧誘などはご遠慮ください。

企業情報

ジャパンマシナリー株式会社

詳しく見る

TOP