製剤技術とGMPの最先端技術情報

経口吸収性予測ソフトウエア  BioavailabilityDesign Expert(BioavailabilityDesign社)

溶出率や経口吸収率の経時変化を計算/計算式がオープンになっており理論的

2019/08/26

画像をクリックして拡大イメージを表示

薬物の経口吸収率をin vitroのデータから予測するソフトウェアです。
本ソフトウエアは、各種in vitro実験データや物性データを入力することにより、経口吸収率(Fa:fraction of a dose absorbed)を計算でき、また経時変化をグラフに表すことができます。 
本分野の第一人者である菅野清彦博士(元ファイザー Associate research fellow、現立命館大学薬学部教授)が開発した経口吸収率予測に関する理論を、ソフトウェアとして提供する為に開発されました。
本ソフトウェアに用いられている理論式および生理学的データは、 全て下記の書籍中に詳しく説明されております。  
Kiyohiko Sugano Biopharmaceutics Modeling and  Simulations: Theory, Practice,  Methods, and Applications. 2012, Wiley.  

【シミュレーションできる内容】  
 ■ Dissolution Test  
 ■ Dissolution test pH change
 ■ pH solubility profile*
 ■ In vitro membran*
 ■ Dissolution permeation system*
 ■ GISimulator*  

この製品へのお問い合わせ

経口吸収性予測ソフトウエア  BioavailabilityDesign Expert(BioavailabilityDesign社)に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。

企業情報

ジャパンマシナリー株式会社

詳しく見る

業界トピック

TOP