製剤技術とGMPの最先端技術情報

溶出試験器チューイングテスター(ERWEKA社)

チューインガムやその他の剤形で咀嚼する必要がある物質の、in vitro放出試験に

2019/08/26

画像をクリックして拡大イメージを表示

ERWEKA DRTは、チューインガムやその他の剤形で咀嚼する必要がある物質の、in vitro放出を試験するのに最適な装置です。
上顎の回転運動と組み合わせた下顎の垂直方向の上下ストロークは、チューインガムの理想的な咀嚼と同時に試験媒体を攪拌します。
手動サンプリングの場合、テストセルで下顎を空にして清掃すると、咀嚼プロセスが停止するように、下降位置に下げることができます。
テストセル、上下のジョーは簡単に取り外すことができます。水循環システムは、培地周囲の試験セル内の水温を制御および調節します。
チューインガム試験装置は、ガムを咀嚼し、様々な物質がガムから溶出(放出)される速度を分析するために使用されます。
DRTはモジュラー設計を提供しているため、DRT-6では、任意の数のチューインガムを同時にテストできます。
一般的なのはテストステーションが6つのモデルです。セルは、チューインガムの圧力、剪断力でのトルク(ねじれ運動)、
pH値および温度などの変数を測定するための追加の付属品を備えることができます。
すべての測定値はデータとして記録され、試験後に印刷することができます。
試験セルは1つから最大6つまでお選びいただけます。

この製品へのお問い合わせ

溶出試験器チューイングテスター(ERWEKA社)に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。

企業情報

ジャパンマシナリー株式会社

詳しく見る

業界トピック

TOP