製剤技術とGMPの最先端技術情報

溶出試験器RRT10 (BioDis)(ERWEKA社)

生体内のpH変化をシミュレート/1台でUSP3・7に対応可能

2019/08/26

画像をクリックして拡大イメージを表示

ERWEKA RRT 10は、さまざまな持続放出および持続放出剤形の自動溶出試験をこれまでになく簡単にしました。
本装置は、人体内のpH変化をシミュレートするのに最適な装置です。各列に異なるpHの試験液を入れることによって、胃や腸などの状態を反映した試験を実施することができます。
列間の自動サンプル移送により、さまざまなpHゾーンでさまざまな剤形からの持続放出または持続放出を確実にテストできます。
RRT 10はプログラムするのが簡単なので、IVIVC試験およびさまざまな放出剤形(例えば、錠剤、コート錠および長円形)の溶解プロファイリングのための複数媒体pH変更が容易です。
RRT 10はUSP / EP / JP規格に100%準拠しており、USP3、USP7、またはUSP3・7の両方の組み合わせ装置として利用できます。
洗浄を容易にするために恒温槽はアクリル製で、RRT 10の自動カバーシステムで媒体の蒸発を抑えるため長時間の試験にも最適です。

この製品へのお問い合わせ

溶出試験器RRT10 (BioDis)(ERWEKA社)に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。

企業情報

ジャパンマシナリー株式会社

詳しく見る

業界トピック

TOP