製剤技術とGMPの最先端技術情報

溶出試験器 DT 820シリーズ(ERWEKA社)

ERWEKA社溶出試験器のハイエンドモデル

2019/08/26

画像をクリックして拡大イメージを表示

ERWEKA社製溶出試験器『DT 820シリーズ』は,ソフトウェアを使用せずに単体でフラクションコレクターに接続し,自動サンプリングシステムや,自動分析がお使い頂ける溶出試験器です。
別途PCを設置する必要がないためスペースの節約ができ,見やすい画面表示とキーパッドによる簡単な操作で,自動溶出試験システムを非常に手軽にお使い頂けます。

もちろん,システムではなくスタンドアロンでお使い頂くこともできます。
本体に100種類まで試験パラメーターを保存することができたり,試験液が設定された温度に達すると自動的に試験を開始する『自動温度チェック機能』など,単体でも非常に細部までこだわったハイエンドな溶出試験器です。

ERWEKA社製溶出試験器は,一般的な『ハイヘッドタイプ』の他に,試験液の蒸発を最小限に抑える『ローヘッドタイプ』があり,24時間の溶出試験で試験液の蒸発を1%以下に抑えます(写真はローヘッドタイプで,ベッセルを完全に密閉した状態です)。
徐放製製剤など,長い時間がかかる溶出試験を行われる場合にも最適です。

また、同時に数多くの試験を行いたい方のために、14/16ベッセルモデルもございます。 

この製品へのお問い合わせ

溶出試験器 DT 820シリーズ(ERWEKA社)に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。

企業情報

ジャパンマシナリー株式会社

詳しく見る

業界トピック

TOP