ハイスループットディスポーザブルカプセル『ムスタングEカプセル』

電荷および疎水性相互作用によって溶液中のエンドトキシンを吸着除去!

2021/04/19

『ムスタングEカプセル』は、バッファー、水、生理食塩水、精製工程から
エンドトキシンを除去するためのハイスループットディスポーザブルカプセルです。

電荷および疎水性相互作用によって、水またはより複雑な溶液中の
エンドトキシンを吸着除去するために開発されました。

ディスポーザブルカプセル方式なので、生物製剤の製造工程で必要とされる
様々なスケールに対応できます。

【特長】
■エンドトキシンは1回の通液で簡単に結合される
■流速が速いため、1日の作業時間内で大量処理が可能
■すぐに使用できる状態になっており、オートクレーブで滅菌することも可能
■カプセル方式
■メンブレン1mLあたり4×10^6EU以上エンドトキシンを吸着

【ラインアップ】
■CLM05MSTGEP1
■CL3MSTGEP1
■NP6MPSTGEP1
■NP7MSTGEP1
■NP8MSTGEP1


※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連リンク

この製品へのお問い合わせ

ハイスループットディスポーザブルカプセル『ムスタングEカプセル』に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
※このお問い合わせフォームでの営業・勧誘などはご遠慮ください。

企業情報

日本ポール株式会社

詳しく見る

TOP