製剤技術とGMPの最先端技術情報

高機能単式打錠機 SS7(Gタイプ)

少量の原料にて流動性、 結合性、滑沢性等の打錠特性を調べることが可能

2019/11/10

画像をクリックして拡大イメージを表示

【概要】
粉末のテスト打錠に少量の試料にて錠剤の結合性、滑沢性などを調べることができます。GMP対応型ですので医薬品・食品分野において幅広く活躍します。

【特長】
1.GMPを考慮した設計。従来の単式打錠機にない安全設計が施されており、簡単に
  取り扱いができるように対話式となっております。
2.タッチパネルより打錠時における打錠圧力(上杵部・下杵部)、充填深さ、
  上杵位置、設定速度を一覧表示します。
3.キャリブレーションは画面を見ながらタッチパネルにて行うことができます。
4.各種設定機能により、生産制御、原料不足制御、原点設定などの操作を簡単に行う
  ことができます。
5.モニター機能により、安全装置作動時における異常発生箇所及び原因を知らせます。
6.通信機能(オプション)により、エクセル上にデータを転送することができます。

【オプション仕様】
・データ通信機能
 打錠時における各種データをエクセル上に転送します。
・錠剤排出圧表示機能
 滑沢性の評価用として表示することができます。

この製品へのお問い合わせ

高機能単式打錠機 SS7(Gタイプ)に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。

企業情報

株式会社富士薬品機械

詳しく見る

業界トピック

TOP