製剤技術とGMPの最先端技術情報

金属探知器 KT2シリーズ

打錠機や錠剤検査機の排出部に取り付け可能で高精度に金属片を検知

2018/04/05

画像をクリックして拡大イメージを表示

【概要】
金属探知器KT2シリーズは打錠機や錠剤検査機の排出部に取り付け可能で高精度に金属片を検知し異常を知らせます。異常を感知すると、検出物体を除去する機能を備えています。

【特長】
1.PL法を考慮
  操作方法は簡単で液晶モニター及びブザーにより検出の有無を判別できます。
2.用途に合わせたセンサヘッド
  高精度検出が可能なKT2-20タイプと広範囲検出が可能なKT2-50タイプが
  あります。
3.履歴機能搭載
  金属検出除去時の履歴を記録、モニターにて確認することができます。
4.落差を考慮
  落差が少なく錠剤粉取機に直結可能です。(受缶高さH300まで)
5.自動排出機能
  不良検出時自動排出機能を搭載しています。排出条件はタッチパネルにて設定可能
  です。(排出エアー使用)
6.洗浄・清掃
  金属検出部樹脂ヘッドは取り外し及び洗浄可能です。また,金属センサーヘッド通過
  後も予備集塵口を装備しております。

この製品へのお問い合わせ

金属探知器 KT2シリーズに関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。

企業情報

株式会社富士薬品機械

詳しく見る

業界トピック

TOP