GEA流動層造粒乾燥機

バッチ毎のバラつきでお困りありませんか?2つの特許技術が画期的な造粒・乾燥を実現

2021/09/24

画像をクリックして拡大イメージを表示

--------------------------------------------------------------------------------------
本サイト「関連資料」欄に、GEA流動層造粒乾燥機をより詳しく説明した資料を掲載しております。是非ご覧ください。
--------------------------------------------------------------------------------------


≪ 独自の特許技術が 画期的な造粒・乾燥を実現 ≫

「フレックスストリーム」・・・霧状のバインダー液を乾かさずに粉まで届ける技術  
「旋回流」 ・・・流動層全体の気流と温度を均一化させ高品質な粉体乾燥を実現   

の特許技術で、製品のバッチ毎のバラつきを避けることができます。

●スプレーノズルが缶体の外にあるため、粉に接触しない構造となり目詰まりがありません
低温のスプレーエアーを使用し、乾燥を避けながら細かい液のスプレーを可能にします。

●スプレー液とスプレーエアーの流れが同一方向なので、オーバーウェッテイングのリスクがなく、より多くのスプレーが可能です

●缶体最下部の接線の方向からエアーを供給し旋回流を引き起こす構造なため、
混合末は均一に流動し低密度製品にも最適なシステムです。

●乾燥エアーが缶体内部で旋回しより長く留まる結果、
エネルギー効率も高く、約30-40%の省エネ効果を得ることができ、地球環境にも優しい技術です。

●FDA21CFR Part11に合致
●GAMP4基準に準拠


--------------------------------------------------------------------------------------
弊社新横浜テクニカルセンターでテスト機のデモが可能です。お気軽にお問合せください。
--------------------------------------------------------------------------------------

関連リンク

製品カタログ

関連資料

この製品へのお問い合わせ

GEA流動層造粒乾燥機に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
※このお問い合わせフォームでの営業・勧誘などはご遠慮ください。

企業情報

株式会社ユーロテクノ

詳しく見る

TOP