打錠機モジュール

低打圧での高感度の錠剤重量制御システム

2021/07/06

画像をクリックして拡大イメージを表示

GEAの打錠機は、独自のエアサス機構により低打圧での高感度の錠剤重量制御システム。
錠剤重量を予圧で、硬度を本圧で同時に独立して測定制御する技術を提供します。


打錠障害(ステッキング、キャッピング)でお困りではありませんか?

【特徴1】
機械スピードを変えることなく、従来比3-4倍の有効圧縮時間を実現
原料粉末の脱気と臼内での粉末の再配列を促進

【特徴2】
速打錠が可能
特殊フィーダーにより原料粉末を臼内へ安定的に供給

【特徴3】
製品切り替え時間が大幅に削減
全ての接紛部をECMと呼ばれるモジュール内に封じ込めることにより、製品切替時間の大幅な短縮を実現

 

関連リンク

この製品へのお問い合わせ

打錠機モジュールに関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
※このお問い合わせフォームでの営業・勧誘などはご遠慮ください。

企業情報

株式会社ユーロテクノ

詳しく見る

TOP