GEA連続錠剤コーター 「ConsiGmaコーター」

腸溶性、API、美的なコーティングで錠剤用として最適

2021/09/22

画像をクリックして拡大イメージを表示

GEAのコーターは

・ 吸湿性錠剤へのコーティングやAPIコーティング、美的コーティングに最適
・ 空中に飛遊するカスケード状態の錠剤にスプレーコーティングするため、
  コーティングが難しい錠剤の側面や角にも均一なコーティングが可能で、
  錠剤のくっつきがなく、均一なコーティングを短時間で実現する
・ 溶剤の使用も可能
・ PATセンサーの取り付けでコーティング膜厚の監視
・ 洗浄(WOL)が容易
・ 入口温度、スプレー量、コーティング液濃度の変更によるDoEの戦略を可能にする(操作が簡単)
世界で約100台の実績(日本でも3台の実績)


【 主な特徴 】
1. バッチサイズ
 
連続生産用にも使用可能で、バッチサイズは運転時間で調整可能
 
4段階のセットアップ機能で 15kg/h~60kg/hの生産量
       
2. 均一なコーティング
    
均一なコーティングにより
      
5%WG で約12.5分 / 12%WGで約30分
   

3. パンコータと同じレベルの均一性を達成するためにより少ないコーティング液で実現
 
(最大約60%のコーティング液の削減)

4. 2%のコーティング液で色の違いは解消

5. 早い段階で全ての錠剤にコーティングされる結果、錠剤の角などの傷の防止が可能


---------------------------------------------
 テスト機
  横浜テクニカルセンターにて随時デモ可能
---------------------------------------------

関連リンク

この製品へのお問い合わせ

GEA連続錠剤コーター 「ConsiGmaコーター」に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
※このお問い合わせフォームでの営業・勧誘などはご遠慮ください。

企業情報

株式会社ユーロテクノ

詳しく見る

TOP