細胞培養環境自動分析装置 BioProfile FLEX2 (バイオプロファイル フレックス2)

非侵襲・一度のハンドリングで細胞培養に重要な16項目を迅速に測定可能

2020/12/25

画像をクリックして拡大イメージを表示

細胞培養環境自動分析装置 BioProfile FLEX2 培養環境分析は培養状況を数値化でき、特定の細胞培養に最適な培養条件の探索、細胞を使った研究の再現性・信頼性担保のための基礎データ、および細胞等製品製造のプロセス管理のための有効 な手段の一つです。
ノバ・バイオメディカルの『BioProfile FLEX2』は、細胞培養液中の主要代謝物・ガス成分、細胞増殖、培養液浸透圧など最大 16 項目を約 4 分半で分析します。

測定項目 ( モジュールにより異なります )
代謝項目:Gluc, Lac, Gln, Glu, NH4+, Na+, K+, Ca++,
ガス項目:pH, PCO2, PO2,
全細胞密度, 生存細胞密度, 生存率, 細胞直径, 浸透圧

■FLEX2 が選ばれる理由
●様々な研究用途に : ワクチン開発、遺伝子治療用ベクター、バイオ医薬品、再生・細胞医療、幹細胞、免疫細胞、エクソソーム研究、培地製造、培養肉研究、など、培養環境分析・品質管理に
●豊富な導入実績 :海外および日本国内でも、多くの製薬企業、アカデミア研究機関、バイオベンチャー、化学企業でご利用いただいています
●少ないサンプル量と迅速測定 :最少 135μL、最短 120 秒でガス項目・主要代謝物など複数項目の同時測定が可能
●メンテナンスフリー :特許技術マイクロセンサーカード型バイオセンサーで日常のメンテナンスが簡単
●バイオハザード防止 :廃液処理は密閉されたカートリッジを取り換えるだけ。作業者の危険を防ぎます
●データインテグリティ:GMP準拠、21CFR Part11に準拠したデータ保護、改ざん防止、電子監査証跡機能

関連リンク

関連資料

この製品へのお問い合わせ

細胞培養環境自動分析装置 BioProfile FLEX2 (バイオプロファイル フレックス2)に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
※このお問い合わせフォームでの営業・勧誘などはご遠慮ください。

企業情報

ノバ・バイオメディカル株式会社

  • 住所東京都中央区晴海1-8-10 晴海アイランドトリトンスクエアオフィスタワーX7階
  • TEL03-5144-4144 / FAX 03-5144-4177
  • URLhttps://www.novabiomedical.com/jp

詳しく見る

TOP