GMP231 CO₂プローブ CO₂インキュベータ用

高温滅菌にも使用可能です!

2021/07/05

画像をクリックして拡大イメージを表示

ヴァイサラCARBOCAP® GMP231CO2プローブは、インキュベータメーカー向けに設計され、正確で信頼できるCO2計測と高温滅菌での耐久性を備えています。プローブは、ヴァイサラが特許を取得しているCARBOCAP®技術と新
しいタイプの赤外線光源を採用しています。これらの技術によって、+180°Cまでの滅菌温度への対応が可能になり、クロスコンタミネーション(交差汚染)のリスクなしに、より簡単でより完全な滅菌が実現します。

特徴
■+180°Cまでの加熱滅菌耐久性を備えたプローブ
■ インキュベータとプローブの同時滅菌により時間短縮と交差汚染リスクを低減
■ 次世代CARBOCAP®センサによる熱耐久性と優れた長期安定性
■ CO2インキュベータのOEM用途向け設計(取り付けオプションあり)
■ CO2センサ計測は5%CO2で最適化され、20%CO2まで計測可能
■ NISTトレーサブル4点校正(英文校正証明書付)
■ 内部圧力および温度計測によって精度と安定性が向上
■ 完全な温度/圧力補正が可能
■ 結露防止のためのセンサヘッド加熱

関連リンク

この製品へのお問い合わせ

GMP231 CO₂プローブ CO₂インキュベータ用に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
※このお問い合わせフォームでの営業・勧誘などはご遠慮ください。

企業情報

ヴァイサラ株式会社

  • 住所東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング16階
  • TEL03-5259-5690 / FAX 03-5259-5961
  • URLhttp://www.vaisala.co.jp

詳しく見る

TOP