カンピロバクター選択分離用培地『クロモアガーカンピロバクター』

カンピロバクター選択分離に最適!

2021/11/18

画像をクリックして拡大イメージを表示

弊社では、カンピロバクターに関するさまざまな培地を取り扱っております。

本培地は、カンピロバクター選択分離用の酵素基質培地です。
高い選択制を持ち、活性炭素末、血液が不含の透明な培地です。
特殊酵素基質によりカンピロバクター・ジェジュニ/コリ/ラリのコロニーが赤色に発色し、
カンピロバクター以外の菌と明瞭に区別が可能です。

本培地以外にも、ボルトン選択増菌培地、プレストンカンピロバクター選択増菌培地、
ESBLs産生菌等の発育抑制を強化したCCDA寒天培地等の取扱いもございます。
お気軽にお問い合わせください。


細菌性食中毒においてカンピロバクター食中毒は発生件数が最も多く、食中毒全体でもノロウィルスに次ぐ発生件数となっております。
食品検査ではカンピロバクターを選択増菌培養後に選択培地で分離します。カンピロバクターを疑うコロニーが出現した場合 は、さらに確認試験をおこなうため、判定まで約4~5日間を費やします。
また、カンピロバクターは微好気状態を好むので専用のガス発生器が必要です。
増菌培養には「71531 カンピロバクター用ストマック袋」を使用すると微好気状態を作れます。

製品カタログ

この製品へのお問い合わせ

カンピロバクター選択分離用培地『クロモアガーカンピロバクター』に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
※このお問い合わせフォームでの営業・勧誘などはご遠慮ください。

企業情報

関東化学株式会社

  • 住所東京都中央区日本橋室町2-2-1 室町東三井ビルディング
  • TEL03-6214-1093 / FAX 03-3241-1054
  • URLhttps://www.kanto.co.jp/

詳しく見る

TOP