間葉系幹細胞用 無血清培地『STKシリーズ』

STKシリーズはMSCの無血清培養が可能で、化学的に組成が明らかな培地であるため、これからのMSC研究に有用なツールです。

2021/08/12

画像をクリックして拡大イメージを表示

体性幹細胞のひとつであるヒト間葉系幹細胞 (hMSC) は、軟骨・骨・靭帯・脂肪・筋肉・血管などへの分化能あるいは分化転換能を持ち、骨髄などの生体組織から大きな苦痛を伴わずに分離することができるため、再生医療の移植用幹細胞として注目されています。

 従来、MSCの体外増幅や分化誘導には、ウシ胎児血清 (FBS) あるいは自家ヒト血清 (患者自身の血液由来) が必要でしたが、STKシリーズはMSCの無血清培養が可能で、化学的に組成が明らかな培地であるため、これからのMSC研究に有用なツールです。

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

【製品ラインナップ・特長】
◆STK1 - 初代間葉系幹細胞用 無血清培地 《初代培養用》
 骨髄・脂肪、滑膜組織から、間葉系幹細胞を樹立できます。

◆STK2 - 間葉系幹細胞用 無血清培地 《増殖培養用》
 間葉系幹細胞の増殖培養に最適です。
 優れた増殖性を実現し、高い分化能を維持したまま培養が可能です。

◆STK3 - 間葉系幹細胞 骨分化用 無血清培地 《骨分化用》
 骨分化誘導の効率が高く、培養期間を大幅に短縮します。

関連リンク

製品カタログ

この製品へのお問い合わせ

間葉系幹細胞用 無血清培地『STKシリーズ』に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
※このお問い合わせフォームでの営業・勧誘などはご遠慮ください。

企業情報

関東化学株式会社

  • 住所東京都中央区日本橋室町2-2-1 室町東三井ビルディング
  • TEL03-6214-1093 / FAX 03-3241-1054
  • URLhttps://www.kanto.co.jp/

詳しく見る

TOP