分子生物学関連試薬『プロテイナーゼK溶液』

遺伝子工学実験に最適!溶液タイプで調製が簡単な試薬

2021/08/12

画像をクリックして拡大イメージを表示

『プロテイナーゼK溶液』は、エンドペプチダーゼの一種で幅広い切断
活性を有するため、タンパク質を効率よく分解する試薬です。

特に、核酸分解酵素を素早く不活化するので核酸の精製に最適です。

【特長】
■DNase、RNaseが検出限界以下で核酸の精製に最適
■ロット間差が小さいリコンビナント酵素
■希釈調製が容易な溶液タイプ
■≧600 U/mL(37 ℃、hemoglobin)の酵素活性を保証
■冷蔵(2~8 ℃)でも長期保存が可能


※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連リンク

製品カタログ

この製品へのお問い合わせ

分子生物学関連試薬『プロテイナーゼK溶液』に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
※このお問い合わせフォームでの営業・勧誘などはご遠慮ください。

企業情報

関東化学株式会社

  • 住所東京都中央区日本橋室町2-2-1 室町東三井ビルディング
  • TEL03-6214-1093 / FAX 03-3241-1054
  • URLhttps://www.kanto.co.jp/

詳しく見る

TOP