製剤技術とGMPの最先端技術情報

CHO細胞培養用培地 MAM-PF®培地

アニマルフリーの細胞培養用培地

2020/06/26

画像をクリックして拡大イメージを表示

BioConcept社のMAM-PF® (Mammalian Artificial Medium-Protein Free)培地は、無血清・無タンパク質および動物由来成分不含 (ACF) の規格を満たしたCHO (Chinese Hamster Ovary) 細胞およびBHK (Baby Hamster Kidney) 細胞培養用培地です。細胞を高密度で培養することができ、組み換えタンパク質の高発現を可能にします。

【特長】
●高い細胞密度と高収量:最大で3.7×10^7 cells/mLの細胞密度での培養が可能です。
 最大で5.5 g/Lの抗体産生、2.5 g/Lのエリスロポエチン(EPO)産生の実績があります。
●高品質な液体培地および粉末培地:液体培地には最高品質の注射用水(WFI)を使用しています。粉末培地の粒子サイズをおよそ20 µmまで粉砕することで、素早い溶解を可能にしました。
●高い適応性:多くの場合、現在使用中のCHO細胞培養用培地から直接MAM-PF®培地への切り替えが可能です
●高い細胞密度

※詳細は、下記のパンフレットをご覧ください。

製品カタログ

この製品へのお問い合わせ

CHO細胞培養用培地 MAM-PF®培地に関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。

企業情報

関東化学株式会社

  • 住所東京都中央区日本橋室町2-2-1 室町東三井ビルディング
  • TEL03-6214-1093 / FAX 03-3241-1054
  • URLhttps://www.kanto.co.jp/

詳しく見る

業界トピック

TOP